スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
マイメロ♪第50話「センパイを救えたらイイナ!」 クルミ降臨。小暮も当社比120%大増量でてんこもりです
2006.03.15 (Wed)
とうとう黒音符が100個集まって柊の独演会から始まった今回のお話。のっけから頼みもしないのに上半身すっ裸でまるで江頭2:50のような柊様。こころなしかお顔の表情も作画の崩れなのか人相を変えたのかわからない位別人になっております。

【More・・・】

そしてクロミちゃん&歌ちゃんの柊救出大作戦。2人とも目的は柊が好きで好きでたまらんくて危険を顧みずとびこんでいくあのピュアさ。うぅ、今日は何だか胸キュン(死語)だよ。おばちゃん今回は胸がきゅんきゅんしちゃったよ。クロミちゃんのぴゅあ~な心がもうかわゆうてかわゆうて(ハァハァハァ



「ぬいぐるみが人間に恋しちゃいけないのかい!?」(半泣き)
きゅ~ん…
あいつはとんでもないものを盗んでいきました。それは私の心です。
かわいいです。ときめきです。ピンクのかたまりに爪の垢をせんじて飲ませたい位かわいいです。



2人ともシリアスモードなのにも関わらず一人あのうさぎは
「センパイさん、さむくないの?」
状況的に言えば真にもって的確と言わざるをえないツッコミをズバリ。がものの見事にスルー。ま、あの状況で誰もかまいやしないだろうけどw



そしてクロミちゃんにお願いして自分自身に魔法をかけるようにお願いした歌ちゃん。柊の夢の中に入って荒涼とした土地に迷い込んで見つけた柊の夢のごみ袋をハケーン。その中から飛び出した歌ちゃんとの思い出、そしてそれを見て自分との思い出がひとつも見当たらず落ち込むクロミちゃん。が、その袋の中からなんとクルミ・ヌイが!伝説のクルミが~!!
実は初めて見たので予想以上にかわいくて世間が騒然としたのがわかる可愛さ。でも今回はなんだかせつない気持ちにつつまれてしまいました。だって歌ちゃん達を外の世界につれていくと、そのまま夢の世界に消えたクルミ…なんだか笑顔が、笑顔がせつないよぉ~~~(号泣)
そして柊が良い子ちゃんになったかと思いきや、歌ちゃんが大ピンチ!あ、ついでにピンクのぬいぐるみもね(投げやり)で、次回に続くと。




そうそう、大事な事を書き忘れておりました。ていうかとっておきました。
なにをかって?ここは何サイト??そう!小暮サイトでありますゆえ小暮の事を見逃すはずがありませぬ。

なんでスか、あの自然な手つなぎシーンは!
なんなんでスか、小暮きゅんが自然に肩を抱いたりとか!!

普通にタッチしまくってるよおい!つーか大好きな女の子を守る男の子ってやっぱ萌え~♪
やっぱいいよいいよいいよいいよいいよ!俺がお前を守ってやるぜオーラ出しまくりでついこの間までガキんちょだったあの小暮きゅんが歌ちゃんの為にナイト役をきっちり演じきっておりますよぉ~!いつもいいトコまで行って何もできないヘタレでぴゅあな小暮きゅんもいいものですが、時には自分にとって大切な女の子の為に盾になってまで手助けするかっこいい小暮きゅんもやっぱいい!こういう大事な時にはかっこいい見せ所をたんまり見せ付けてくれるくせに、いざちゃんと気持ちを伝えようとするとモジモジしちゃうんだろうなぁ~w

「小暮、あの時はありがとね。」
「あ、あぁ、そりゃお前の為ならあれ位なんともねーよ。」
「えっ、それどういう意味?」

みたいな流れになるのってどう考えても自然じゃないですか!そこでこうぐっと男らしく言っちゃえばいいんですよ!!でもあのあと柊覚醒に感動している歌ちゃんがいて柊×歌フラグ立ちまくりで悔し涙をこぼしましたよ、えぇ。第2期あるって知ってるのに何この敗北感!

柊のいる場所に行けたのはだ・れ・の・お・か・げ?あぁ!?

ちゃんと小暮きゅんの事思い出していい人どまりにするんじゃないよ!歌ぁ!!(クロミちゃん風に)




でも私は一生懸命戦っている小暮きゅんが全く歯がたたない相手に蹂躙されてる姿を見る方が個人的には萌えだったりするのですが。今回もうちょっと敵にやられて「くそぅ!」とか言って悔しがって泣いてくれたらよかったのになぁ、とかひどいことを妄想する私。
いや、逆にぐいぐい敵を圧倒しまくりでイケイケな所を柊に「どこまでその威勢のよさが続くかな?」と顎をくいっとあげられながら言われてる所に小暮が柊にむかってつばをぺっと吐いて「その汚い手を離せよ。」みたいな展開、いいわぁ~。(ぽわわ~)
ついこの間の神回からの影響か柊×小暮の妄想が膨らむ膨らむ。でへへへへぇ~。あんまり妄想だだ漏れしすぎてひかれるとアレなのでこの辺で。今の私の頭の中は薔薇色です。






今度の19日にやるHARUコミにマイメロ本がどれ位出てるのか知りたいけどカタログがない。つか行きたくてもお金が(泣)小暮本があったら絶対すっ飛んで行くのにな。とりあえず友達にカタログを見せてもらってから決めようかと。でもHARUコミって自分の中では腐女子イベントだからあまりないかなぁ~と予想中。そんな考えをいい意味で裏切るほど小暮に満ち溢れているといいんですが…
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:52 |  マイメロ  | トラックバック(1) | コメント(3) | Top↑
コメント
■こんにちわ♪
先日は私のブログへ来て下さりありがとうございました!!
クルミ様本当に可愛いですよねー!!
柊はやっぱり江頭ですね。
私は下m((強制削除
歌は人の気持ちをあまり考えてないんでしょうか…
それが中学生らしいですケド。(現役中学生のつもりの私←事実です!!!!)

では乱文で失礼しました…
柚那加 |  2006.03.18(土) 15:44 |  URLコメント編集
■おいでやす~
柚那加さんって14歳でしたっけ?私とひとまわりもちがうわぁ。私は22なんですけどこの歳になると年上のヒトとはたくさん知り合えるけど、年下のヒトとは中々接点なくて大変貴重な出会いでございますです。

ブログってすごいですなぁ…



これからもちょくちょく遊びにきてくださいな~♪
真琴 |  2006.03.19(日) 00:03 |  URLコメント編集
ふたたびこんにちわー!!
はい、そうです/笑。
そうなんですか?
私は逆ですね。年上の人とはあまり接点がなかったです。
でもブログを始めたら結構多いかも…

本当にブログって凄いんですね。
また来ます☆
柚那加 |  2006.03.19(日) 10:10 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
しかし黒い毒電波を街の電波塔から発信するというのはあまりにもできすぎな話。絶対わざとだな。ダークパワー発動で何が起きるのかと思いきや、何と電波を受信した人すべての妄想が一気に叶えられ、以前黒魔法をかけられた経験のある人は、すべてその時の姿にもどってしまう
2006/03/16(木) 15:57:33 | 蜂列車待機所日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。