スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
マイメロ♪第51話「タクトがふれたらイイナ!」 バクロミは永遠に不滅です
2006.03.21 (Tue)
マイメロ?お前、命拾いしたわりに小暮様の細くてしなやかなでもうっすら筋肉のついた意外とたくましい腕に抱かれておきながら

「真菜ちゃんがよかった。胸が固い。えい。」

とかわけわかんねー事言ってんじゃねーよ。
あ~ん?お前ぬいぐるみだから落ちても平気だろ!
ゼータク言うんじゃねぇよこの(ピー)野郎!!
おっとあぶない、つい小暮の事となるとムキになっちゃうからいかんゾナ。



【More・・・】

いやぁ、今回はやっぱり何と言ってもバクなくしてはこの回は語れない!
柊を更正させようと必死でしがみつクロミちゃんを懸命に守ろうとするバク。
そして自分の力が足りない為に悔しくて思わずなすびの神様に必死にお願いするバク。
もう完全になすびって自分でもみとめ…


ここでなすび神            降         臨


マジできやがったよおい!!!つかそんなもん存在してたんかい!
誰もが予想だにしなかった超展開の幕開けでございます。


「夢ヶ丘1丁目から5丁目を担当しておるよ。」



なんて地域密着型!!
そんならイベント前に腐女子の神様にお願いしたら萌えパワー当社比1,5倍になって
うまい文章+1日で仕上げる速記力が身につきますか?
あうち東京だから逆に腐女子人口密度高すぎて神様がテンパっちゃって無理??





そして超パワーを身につけたバクは柊のバケモンのバリアをかいくぐり必殺技、なすビームを発射!
すげー、あんたすげーよバク!!!なすび神の力があったら何でもござれだな!


がしかし、バケモノに撃墜されてしまう…

でもバクはあきらめない。クロミ様の為なら自分の身が滅ぼうとも、彼女の身がなにより………
うぅっ、バクの漢気あふれるかっこいい姿を直視できません!
目の前のテレビがゆがんで見えます隊長!!
拭いても拭いても目から温かい液体があふれてとまりません。よよよ…


だがバケモンの魔の手が伸びるのはやまずバクが狙われてしまったではないか!
そこへ迷わずバクの元へ飛び必死にバクをかばうクロミちゃん。
が、そのクロミちゃんを文字通り体を張ってクロミちゃんの全身をすっぽりと包み込みバケモンのビームを全身に受ける。

てかお前、それクロミちゃんに向かって撃っただろ!中身は柊ではないとはいえあんなに健気に慕ってきたクロミちゃんを……………


お前なんか死んじゃえ!バーカバーカ!!(小学生並)






一方でマイメロ陣営はというと…

美紀ちゃんがいつもの通りトンチキな歌詞を見てみんなゲンナリ。
とりあえずみんな屋上に集まりピンク音符を空にバラまいた途端女の子達のまわりをピンクの光が取り囲み


華麗なる、せ~ちょ~!(byファンシーララ)


夢防衛少女隊?え?アイドルマスターじゃないの??
だってみんなで80年代アイドルソング歌ってるじゃん。ツボだよツボ、どっきんマイハートよぉ~~~!
この為だけにCD買わせようったってそうはいかないぞ!
次の給料日にありがたく買わせていただくから覚えておけ!!


が、やはりマイメロはいつもの如く

「タクトが、おもくてふれない。」

とやる気のなさを発揮。
るみちゃん、マイメロ祖母、歌ちゃん、真菜ちゃんとの地獄の猛特訓を開始!
でもやはりマイメロ一族に特訓という名の単語は辞書に載っていなかった。

打たせ水が打たせ湯に、うさぎ跳びは挫折、矯正ギブスも全く動けない有様。
それに見かねたるみちゃんは魔法を発動して時間を進めてマイメロに1年分の特訓を体に叩き込ませる!

そしてその成果は………


「きゅーひゃくきゅーじゅうきゅー、せーん。」
腕立て伏せが1000回もできる鉄人うさぎに大成長。
前までは耳たて伏せをサボっていたあの子だと思えません。
マイメロ、見違えたわねぇ(←おばあちゃん)


歌ちゃん達と共にいざ、出陣!
ドアを開けていざ地球を救いにれっつらご…



ひゅるり~







外の世界は時間がたちすぎてすっかり滅んでしまいました……………………

おしまい♪









♪ちゃららー、らららん、ちゃららー、ちゃらら

♪いつもーげんき、こーえをーあーげて



超バッドエンドで終了。マイメロ達の惨敗に終わってしまいました。
2年目をお楽しみにね☆






























んなわきゃ~ない



ここでるみちゃんが「まちなさ~い!」と登場。
特訓開始した1分後まで時間をまき戻して事なきを得る。

ちょ、るみちゃ~ん!びっくりさせないでよぉ~!!

でも特訓して鍛えたパワーはそのままであれだけ重たがってたタクトを片手で事も無げにぶんぶんとふりまわす鉄人マイメロ。
つむじ風が舞い上がっております。どんだけ腕力つけたんだよw


「ちきゅーは、まいめろがすくぅ~」
ぶおーん、ぶおーん(タクトをふる音)



とここで次回へ続く。

あーもう次で終わりなんだよね。
いちお2年目あるけどバクロミは仲良くなって絆が深まったけど、歌ちゃんの恋模様はあいまいなまんまだよぉ~、気になる~。


それにしてもバク、今回は小暮よりも断然かっこいいですよ!
輝いてますよ!!まさに人生勝ち組ゾナ~!
少なくともクロミちゃんにとってはかけがえのない存在に成長。私の中でも2ランクアップ!

クロミちゃんがパンを盗んだエピソードも、実はバク一家の為にわざわざ自分の手を悪に染めてみんなのお腹を満たしてあげる為だったとは………なんていい子なの!
どっかのピンク色より全然いい子じゃないのさ!!

あぁもう今回の話神がかりすぎ。

バク~!クロミ~!

あんたらえぇ子達だよぉ。


いやぁ、でも命をかけて守れる存在があるってーのはいい事だよ、まったく。
影の主役はバクだって事も今回判明したし今回は小暮の影が薄すぎでちょっぴり寂しかったけど、バクは小暮よりも男気溢れまくりです!
太鼓判押します!小暮スキーサイトなのにw
クロミちゃんには柊が、なんて前回言ってたけどバクがやっぱりお似合いだよぉ~。
も、ほんと言う事がコロコロ変わる節操なしですみません。


何はともあれ苦労人のバクが幸せになりますよ~に!
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:36 |  マイメロ  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
えーと。以前最終回予想を行ったわけですが。結局実現したのは「柊巨大化」だけかーしかも変形しすぎてどこのどなたさんかもはや不明(^^;ただ、ここまでの伏線でみるに、美紀と柊がくっつく可能性はかなり高いと見たがどうか
2006/03/23(木) 22:26:17 | 蜂列車待機所日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。