スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
サンクリに三峰徹が来てたなんて!!!
2007.02.16 (Fri)
エロ漫画に興味ない人は読んでもつまらないです。



不覚。もう一生の不覚。知ってたら朝一で行ってスケブ書いてもらってたのに…



会いたかったよぅ!握手してもらいたかったよぅ!!!
「ゴッドハンド」のエロ雑誌レビュー最高でした!
掲示板で召喚して本当に出会えた奇跡の下り感動しました!って言いたかったな…

新宿書店通ったらまだ会えたりするのかな…そういえば郵便局員さんらしいよ?ゴッドハンドに書いてあった気がする。





殆どの人が知らないので補足。

【More・・・】

説明しよう!!


三峰(みみねかみつみね。間違われやすいのでどちらでもいいらしい)徹とは、
エロ漫画誌の読者投稿コーナーに必ずちょっとへ…味のあるイラストで載っており、
いわゆる3号雑誌にも必ずイラストが載っているため、
三峰徹がいないエロ漫画雑誌はエロ漫画誌ではない!!
と言われる程読者も編集も知らない者はいないエロ漫画誌フリークなのだ!

一時期彼のハガキがどこの雑誌にも載っていなくて病気になったのでは?
いやついに死んだのでは??
とみんなに心配されるほど愛された存在でもある!
また、彼を載せないエロ漫画誌は読者からとことん叩かれ
休刊に追い込まれるという噂も流れたほどだ!
ただし!
殆どのエロ漫画誌は大抵休刊するのでその限りではない!


ちなみに現在は30誌程定期購読中だそうだ。
TMR(東大の漫画批評集団)もこの方を少しは見習え!
雑誌は継続して読んでなんぼなんだぞ!!
雑誌百選レビューなんていって1号だけ読んでレビューしても何の意味はないんだからな!!!
面白さはゴッドハンド(オタク系エロのと学会みたいなもの)の足下にも及ばないのに売れてるのが不思議なものだ。



つーかゴッドハンド(サークル名ね)も説明。
彼らもまた批評集団なのだが、彼らは抜けるか抜けないかを基準に雑誌レビュー(学年誌も対象内)しており、こちらもまた継続購入でなく1号しか買っていなかったが、
記事の面白さと切り口の鋭さで面白さがケタ違いだった。
ガチのロリコンが学年誌なんて全然問題ない!と言っていたのがさすがだと思った。


他にも、ラブドール(ようはダッチワイフ。と言いきると本当は怒られる)と箱根までドライブして記念写真とったり、
女性による女のオナニーの解説記事(電車の中で普通にする、と書いていて驚愕した)があったり、
FtM(簡単に言ったらオカマさん)同士のカポーなのだが2人とも中身は女なので実はレズカップルの2人が、
ちんぽチャンバラして遊んでてもホルモン剤投与して精子が白じゃなく透明で無味無臭になっちゃって寂しい、等超特濃な記事が盛り沢山の同人誌なのだ!!!
オナホールの詳しい解説や正しいオナニーの仕方などを必要以上に詳しく書いている号もある。

で、これのエロ雑誌レビュー特集号に、エロ漫画雑誌と言えば三峰徹だろ!
と彼を召喚して一緒にレビューした経緯があるのであった。あー、補足なげーw



と、極一部では神!なので私もぜひ一度お会いしたかったのだ。
悔しい。

きぃいぃぃ~!!





ついでに。

それにしても最近のエロ漫画売り場は普通に女が買いにきて邪魔なのだ。
エロコーナーは神聖なり。女子供は立ち入るべからず。

「こういう所を覗く私ってちょっと変わってるよね。」

と演出したいだけのやつは今すぐ帰れ!
友達とキャーキャーいいながら本を見るな!!
男たるもの常に単独行動で獲物をじっくりと吟味し、スッと棚から抜き去り、
無言でレジで差し出すものなのだ!語り合うなんて家でしろ!!

とらのあなの男性フロアを見てみろ!
本物のハンターは必ず一人でパンパンのリュックでウロウロしているぞ!
女性フロアのように友達同士でキャッキャ言いながら回るなんてオタレベル的にもぬるいにも程がある!
戦場に集団で来るな!!
本気買いの時につるむなんて絶対ありえないのだ!



と言いたいことをやっと言えてスッキリ。
単にエロコーナーに女がいたら買いづらい、ってのもあるんだけどねw
こういう時まわりの気持ちがいたいほどよくわかるので、私が買うときは

「安心してください!私はあなたたちの仲間です!!」

と言ってまわりたい。



世が世なら吾妻ひでおの
「ミャア官(ミャアちゃん官能写真集の略。ロリ全盛時代、参加者計一万人の時のコミケで1000冊売れた伝説の同人誌)」
を手に取ることができなかったはず(当時女は買えなかったらしい)なのに、
今だと商業版をわずか200円で買える素晴らしさ。
本編は吾妻絵のエロさをとことん堪能できて大変素晴らしかったとです。





と今日は堕ちるとこまで堕ちたあるオタクの主張をお送りしました。

ご静聴有難う御座いました。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  16:09 |  まんがのニュース  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。