スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ウエダハジメ原画展 おきらくごくらく
2007.06.11 (Mon)
ぺけらからぺけらからからからからかぺけらかれけ


おろろん
 おろろん 





おろろろろろ……







ウエダハジメの原画展だったけどフリクリの原画展。

サイン本も開店に合わせて行ったから難なくゲット。
カードもペーパーももらえた。
今回はフリクリ復刊記念なのでフリクリの原画とカラー原画しかなかったので残念。
Qコちゃんやうりこひめさまが見たかった。
欲を言えばセラムン同人の時の原画が…って無理な事はわかってます。

ウエダさんは同人の方が面白いからつい、って言っちゃうとアレなんでしょうか。




そしてカンジンの生原。

【More・・・】

ちょぼちょぼ好きな作家の原画展に行ったりする方なんだけど、あんなに原稿にラクガキしてる作家さんは初めて見た。

青ペン(印刷時に写らないから下書き用によく使われる)で
ウゴウゴルーガのテレビ君やらガンダムの何か(詳しくないので良く知らない)が到る所に書いてあった。

「マミ美!うしろ!うしろ~!!」的ないたずら描きが好き。
個人的にはあの「いただきマンモス!」の見開きが見れただけでもよかったのに、落書きまで堪能できて愉快痛快。

やっぱウエダさんはおもしろいなー。



相変わらずフリクリはまだ全然理解できてないし、アニメ本編も見てないのでまったくもって咀嚼しきれてないけど、
とりあえず買う、というオタクのサガにだけは逆らわないでみました。

あんなにざっくりとした絵なのに1Pあたりの情報量の密度の高い所やかわいいキャラ絵なのにぶっ飛んでたり残酷な描写があったりと
一見してみると萌え絵風な人なのに中身はとんでもなくカオスな所が本当にたまりません。

一生ついてきますアニキ!!




フリクリの漫画版もガイナからご指名との事で描いたものの、やっぱりウエダワールドが展開されて上からも

「ウエダはやっぱしょうがねぇなー」

といい意味で放置されたのか、ぎゃんぎゃんうるさくてややキレて最終回があんなになっちゃったのかちょっと忘れちゃったんですが、
DVD-BOXを買わなきゃ見れなかった描き下ろし漫画がついてたものの、
本編よりも輪をかけて難解な描写で同人買ったらたまにくれるおまけペーパー的なざっくばらんなカオス落書き目当てにあんな高い物をガイナにお布施だした人はやっぱり後悔したのかな、とか思ったり。






結論を言えば、太田さん、ありがとう。
(講談社BOX兼ファウストの中の人)


「すみれの花さく頃」も「甘い水」も「さくらの唄」もちゃんと新品で購入できて、しかも予想より遥かに面白くて最高だったので、西尾維新は別にもういらないです。

あ、あと全部銀の箱入で、シールだけで各タイトルの表紙絵がぺったり貼ってるだけなのに
中の本は表題と作家名だけっていうのはオシャレでも何でもなくセンスがない上にファンをなめてるとしか思えないトンデモ装丁はもうカンベンしてください。

それで1500円↑↓はいくらマイナー作家の盲目的信者な私でも引きます。
ファウストコミックで少しは学習してくれてると思ったのに…





でもありがとうございます。
フリクリは絶版になって古本屋でも全巻は本当に見かけなくて買うのに苦労したので出してもらえただけでもありがたい。


お願いなので今度から何か出す時は腕のいいデザイナーを雇って下さい。



【ウエダハジメ関連】
ウエダさん本人!のアニメ動画紹介記事はこちら→
スポンサーサイト
【記事編集】 |  15:52 |  まんがのニュース  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。