スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
エヴァ破の感想(ネタバレ有り)庵野が補完されちゃった計画
2009.08.08 (Sat)
ネタバレ無しの感想はこちら→

ネタバレフィールド全開。

【More・・・】
























ネタバレ版なのでやっと気軽に書けます。

これを書く前に、ネットや本での考察等は一切見ておらず、
情報も全く調べず、パンフも見ないで書いた、と前置きしておきます。

まず最後までみて思ったことは、



庵野は幸せになったんだねぇ



だった。
だってカンペキ庵野が安野に補完されてる気がするもの。
安野の「監督不行届」見ればまぁわかりますが
(庵野好きが見たら面白くて仕方ないんですが…乙女庵野とか)
それに、エヴァが大成功してたくさん儲かって、
今回はCGを多用して背景にもすごく手がこんでいて嬉しかったなぁ、とか。

そして、みんな一人じゃなく周りと協力して生きてこうとしてる姿が何だか、
感慨深いというか何と言うか…
何だかみんな前向きだし、最後なんて愛は地球を救う、つか厳密に言うと地球は滅亡の危機なんでw、
言い換えると愛はレイを救うになっちゃってるし、えらいビックリしましたよ。
エヴァで愛とか…僕が彼女を救うとか…
なんだか別の作品見てるみたいで不思議な感じですわ。

ゲンドウは父親らしい事してるし、
レイはなんかがんばっちゃってるし、
アスカは…なんだろ?加地さんとの接点が無くなっちゃったから
イマイチ存在感が薄くて寂しい。
「私を見て」はもう映画版ではやらないつもりなのかな?
映画版から入った人がみたら、アスカが脇役で、
メガネがヒロインに見えちゃうよね。
ちょっと寂しいよ…
アスカひどい目にあってるしねぇ。


そういえば、シンジがダミープラグに乗っ取られちゃって
アスカフルボッコシーンもさ、
昔の庵野ならシンジにあんな目隠しなんてしないんじゃないかなぁ、
てふと思ったのさ。
今回そこ見てて、あれ?わざわざシンジに目隠し?
ゲンドウえらい紳士じゃーん、って思っちゃった。
ゲンドウの人間味を端々で感じてます。





TV版だと、

「結局人なんて一人なんだ、どうせみんな他人なんだから絶対わかりあえないのさ」

っていうヒネクレ気質が混じってたのに、
映画版だと

「守るものがあれば人はみんな強くなれるさ!」

とか言ってスーパーサイヤ人化しちゃうんだもん。
おったまげた。
ただそれも計算というかサービスの可能性もあるけど、
それでもそういう見せ方をする事が今の彼だと許せてしまう、
っていう心境になってる時点で昔と違う庵野なのかなぁ、とおもた。
あれ見たときに、私は
(えー…。それやっちゃったら他の作品と変わらなくなっちゃうじゃん)
っておもた。
とか言いつつ、映画版の方がみんな人間らしいんでそっちの方が好きですけどね。
で、破の感想を一言で言うとしたら





庵野閣下凱旋記念パレード~ポロリもあるよ!~





みたいな。
サービスシーンやけに多いしw
乳揺れ尻揺れが多い事多い事。
つか貞本絵ってみんな華奢だから、誰が巨乳キャラかイマイチわからない。

ミサト、メガネ………巨乳

アスカ…………………巨乳?

みたいな。アスカは巨乳キャラなの?







あとは小ネタ的な事を。

・しょっぱなのあのカラーのロゴが出てる時の円谷系のSEのつかみはなんじゃいw笑っちゃったよ

・テロップに「デザイン協力:鬼頭 莫宏」ってあったんだけど、
あのアスカにそっこーでやられたジアース的なアレ?
だって見た瞬間「これ何てジアース?」って思ったよ。
あ、ジアースて「ぼくらの」に出るロボットの事です。
でもあのデザイン…

私、ジアース、好き!(ポニョ的なアレでお読み下さい)

・アスカ登場シーンはマクロスの板野サーカスみたいで爽快感あってよかった
(ただ板野サーカスて言いたいだけ)

・アスカが浸食された後のエヴァが歩くシーン、サイドに鉄塔バーン!の真ん中黒エヴァドーン!で
のっしのっしこっち来てるシーンがえらいカッコよくて、
あのシーンが一番好きかも。
だって私は鉄塔がないと生きられないもの。

・全般的にCGの使い方が好きです。
最近私が見たロボット物のアニメを引き合いに出すと、
マクロスFだとあのロボット達
(本編ずっと見てたのに、機体の名前覚えてないです…)
もCGで全部動かしてたから、
何だか滑らかすぎてちょっと違和感を感じたのさ。

お金かけて綺麗に作ってんだけど、
CGで板野サーカス見てもあんまり嬉しくなかった、というか。
手描きだからいいんだよ、みたいな。

だけどエヴァは背景やらモブやらも、
CGを使ってんのに手書きの部分と合わせても浮いてない、
というか、前面にあるキャラクター達との違和感をなく感じられたし、
使徒が変形してドリルキュイーンやら腕がシュルシュルーと延びるところとか、
エヴァの内部やらもかっこ良くそしてさりげなく使うから、
全体のトーンがちゃんとしっくりくるっていうか。

・趣味でフォトショいじってる程度な私が言うのもなんだけど、
それぞれ違う素材を組み合わせて全体のトーンを合わせる、
ってかなり難しい技術を要求されるから、
やっぱりそういうのをしっくりさせてくれる所は職人集団なんだなぁ、
と改めて感心した。

・破では少なかったけど、序のヤシマ作戦の時の
トラックでのエヴァ輸送や電車で日本中からバッテリー?
みたいなのを持ってくるところとか、
街が変形したりとか、CGで滑らかに動いてるシーンはかっこよかったなぁ。
有機物より無機物が好きな私にはたまらない。

・シンジの使ってるカセットのアレ、ウォークマンでいいのかな?
あれを使った演出がすごい好き。
序では延々と25曲目を聞いているのに、
破では…えーと、具体的にどのシーンだか忘れちゃったけど、
26曲目に進んで、27曲目に進んだのに、
シンジがエヴァを降りた時にウォークマンを捨て、
レイがそれを拾って、
特攻の時にそれを大事に自分にくくりつけ、
シンジがレイを救った時にウォークマンを返すシーンがね、
もういいんですよ、たまんないですよ。

あのシーンはシンちゃんがすごい男らしかったしー、
レイ派はあのシーン涙ちょちょ切れもんなんですが。
もう最後ラブラブ過ぎて目も当てられなかったわ。
まあすんごく嬉しいのですがw

・つか、公式でシンジ×レイになっちゃうんでしょうか。
というかQでカヲルくんがシンジをどう落としていくかがとても楽しみですが。
TV版はたった1話しか出番なかったけど、
今回は序と破でもう意味も無く(無くはないのかもしれないけど)
顔を出すもんだからさぁ。

石田彰…恐ろしい子…(ごくり)

シンジくんはー、一番泣き顔が似合う子なのでー、
また落ち込んで泣いて欲しいなぁ、なんて。
今回も、最後のシーンでレイを救う所だったかな?
ちょっと泣いてたシーンがあるけど、そこ、萌えた。

・最後の予告編、アスカは出さなくてよかったんじゃないかな、と個人的に思う。
アスカ好きだけど、Qが公開されるまでは
「あぁ、アスカ死んじゃうの死んじゃうの?」
というドM的な物を感じていたかった、というか。
2ちゃんでアスカ派に「庵野氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね」
と言われるくらい(今でもそこまで濃い人は残ってるかは知らない)
突き放しててもエヴァらしくてよかったんじゃないかなぁ、と。

最後らへんでリツコがアスカっぽいのを見下ろして、
「貴重なサンプルだから」と言っておきながら、
灰皿にタバコびっしりなシーンとか好きなんで、
あれでリツコと同じ心境のまま客はQにいってもよかったんじゃないかな、と。
リツコたんツンデレだからさー、かわいそうじゃん。
また水着に白衣来て登場してよ(これがいいたかっただけw)

まぁ、きっとQではシンジがカヲルくんにまた色々振り回されるだろうから、
そこでまたシンジが落ち込んでるのを見てニヤニヤしたいと思います。

・今回の新劇場版のオチはあれですかね、ひぐらし的なループの方向なんですかね。

1.水が赤い
2.カヲルくんの「今度こそは~」発言

を見てると、前回の劇場版のラストの続きな気がして…
個人的にはループってあまり好きじゃないんですが、
エヴァはトーストくわえた綾波とごっつんこ!もあるような作品だから、
あってもおかしかないんだけど…けど…

まあ使途萌え鉄塔オタな私は、ストーリーの整合性はそんな重要視してないから、


ま、いっか。







と、こういう感じです。
ネタバレ無し編にも書いたけど、今のところ映画版の方が好き。

TV版はTVシリーズとして毎週作るという制約
(まあガイナお約束の総集編回が挟まるのはスルーで)があったから、
通して見ると色々アラがあったりあれ?紙芝居?があったりと
それはそれで祭りとして愛でられたんですが(TV版ラストだけはキライですが)、
今回は凱旋公演なので色々とサービスサービスぅ!が盛り込まれて、
色んな意味で安心して見られるなぁ、と思ってます。

でも95年という時代に、
この作品を作り上げたことはやっぱりすごいなぁ、と思うけどね。
それを夕方に放送してた、というのもまたすごい。

お金と時間をかけて好きなものをすんごいクオリティで、
いい環境(映画館のちゃんとした設備)でいい作品が見られたんで、




オタクでよかったなぁと心から思った。




オタクじゃない人の感想はやはり
「すごい!とにかくすごい!見て!!」で終わっちゃうのかなぁ。

でも非オタの時にTV版を見て(ちゃんと通しで見たのは深夜の再放送派です)、
何だかよくわからないけど圧倒された感覚はやっぱり忘れられない。



今回、映画館に若い10代の子(男の子ばかりだったな)がちらほらいて、
映画が終わった後にとにかく圧倒されて
感想をみんなと話したくても何て言っていいのかわからない、
という表情がたまらなくて、お姉さんはそれを見てハァハァしてました。
いいよー、その顔!そうそれそれ!的な。
そうしてまた一人、オタクが増えればいいんじゃないかな、と。
エヴァでオタクになった一員の一人になればいいのさ。
………ハッ、これが人類補完計画!?(ブルブル)



最後、ホントにどうまとめるのかなぁ。
そしてQでは鉄塔もっと増やしてね。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  06:00 |  アニメの考察、感想  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。