スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
今更ながら月姫終了
2005.11.24 (Thu)
 友達に焼いてもらった月姫を一月かけてやっと終了。
 ワンダと巨像と平行してやってたので時間がものすごくかかってしまった。
 ワンダに関しては全クリしてから感想を書こうと思う。

 月姫は前評判どおりなかなか面白かった。
 それよりもこの作品が5年前とはとても思えないクオリティな事が驚き。




【More・・・】

 音楽や演出はイマイチだったけど、奈須さんの文章がそれをすべてカバーしているのでそっちはあまり気にならなかった。



 友達に聞いていた立ち絵がおじぎする、というのを初めて見たときは
「おぉ、メイドが挨拶を!!」
とけっこう感動。



 あとはシエル先輩がメガネなのにキャラがメガネっ子じゃなかったのですごく悔しい。
 主人公もニセメガネなのでものすごく悔しい。
くそう、伊達メガネなんてこの世から消えてなくなってしまえばいいのに…
 度の入ってないメガネなどメガネとは認めん!!
 あぁ、またメガネで取り乱してしまった。
 失礼。



 そして一番のお気に入りは不幸な美少女、“さっちん”こと弓塚さつき。
 事件にまきこまれてドラキュラってしまった奴に血ぃ吸われかけた時は友人とともに
「そのまま吸われちまえ!」
 とかなり入れあげてしまった。
 片思いで報われないのがいい!
 全然主人公に思ってもらってないのに最後まで健気なのがいい!!
 いつの時代も薄幸の美少女というのはたまらない。





 それよりも、未だに5年前の作品にひきずられて高校生が主役の伝奇ものがけっこうあるのがちょっと気になっている。
 多少影響をうけるのは仕方ないにしても、文章まで似せた感じはさすがに…
 自分も月大好きだから伝奇書きたい!という気持ちはわかるけど何から何までリスペクト、という姿勢は寂しい気もする。
 それほどたくさんの人に影響をあたえたこの作品も、今のゲームじゃ到底なしえないぐらいすごいバケモノ作品だが。





 実は金文体を月姫のオリジナルフォントなのかと思ったら違う、と友達に笑われてしまった記憶が…
 最近は同人と全然関係ない企業の広告にもたくさん使われているのを見かけるし。
 もしかしたら流行りの元はやっぱり月姫、だったらすごいけどさすがに気にしすぎかな。




 そういえば、もし私が人気絶頂の頃にプレイしていたらそれはそれでものすごくハマっていたかもしれない。
 いつのまにか二次創作がどんどんと膨れ上がっていくさまをながめていくのは作者にとっては何よりも嬉しいご褒美だったろうな。




 …うーん、そう考えると月姫ってすごすぎる。




 現在の同人ノベル界を築き上げた月姫をやっとプレイしたことによって、やっと私も
「何この月厨まるだし」
とか
「あ~ぁ、また奈須調かよ。もう飽きた。」
 といっぱしの口をきけるw
 やっと同人ゲーム好きの入り口にたった感じ。



 月をやる前にひぐらしをプレイ済みだったが、作者がかなりの月厨という事で今考えるといろいろと月っぽさをうかがえる場面がちらほら。
 ああ、アンチのこんな意見までやっと理解できるようになるなんて感動だ。


あ~でも面白かった!


 なんだかんだいいつつも同人ゲームの製作者の方々は身を削りつつ作り続けているので尊敬してます。
 チーム作業のところも多いから色々と摩擦もあるだろうし。
 そういう風に本気で作ってる人たちの作品をイベントで直に買いにいって、お釣りを渡される時に私みたいなど素人でも手を震わせながらおつりをくれたり、
「体験版おもしろかったです、がんばってください」
と言った時のすごく嬉しそうな顔をみるとこっちまで嬉しくなってしまう。

 ネットオンリーで販売している所も多いけど、イベントだと買ってくれる人と直にコミュニケーションできるからすごく楽しいと思うけどなぁ。




 次は花帰葬とロストカラーズのどっちにしようかなぁ~♪
 まだまだ夏コミで買ったものが山ほどあるから冬までに何とか消化せねば…

スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:43 |  ゲーム  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。