スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
類は友を呼ぶ?ヴィレヴァン面接にっき。
2006.01.28 (Sat)
今日ヴィレッジヴァンガードの面接に行ってきた。
店長の見た目が、首にタトゥーでどピンク花柄のシャツでびびってたのだが、島本和彦ばりに熱い人で意気投合。

【More・・・】

何でも新規にお店を立ち上げたため名古屋から上京してきたらしい。向こうはわかりやすいくらい濃い客ばかりなのだそうだが、東京はぬるくてビックリしたらしい。

あたし以外の面接にきた人たちに好きな漫画を聞いたらしいのだが、




店「少女漫画はどんなの読むの?」

女の子「NANAですぅ♪」


「「あ~~~~~~~~…」」↑話を聞いて私の相槌がハモった






店「少年漫画は?」

女の子「BECK!!」


「「あ~~~~~~~~…」」



もしこれにほんの少しオタっぽさが入っていて「げんしけん!」とか言われた日にゃあ即さようならですな。




ちなみに私が好きな漫画家を聞かれた時、岡崎二郎、ふくやまけいこ、三原順、さそうあきら、安永知澄って言ったら履歴書を見直しつつ
「本当に22歳?」
と聞かれてしまった。

いやぁ~(照)



あとは、場所柄まん森と芳林堂という漫画好きニ代巨頭(ブクオフも2軒あり)が存在するのでそこが気になることとか、漫画の棚が女性向けもあったけどどうしても男の人がセレクトした感じがした(岡崎京子、安野モヨコ、宇仁田ゆみが平積み)こととか、トーハンが配本少ないからムカつく事とか、タコシェみたいな本屋が好きとか、漫画の利益率が低いので安月給だとか、矢沢あいはウザいだとかアマゾン氏ねだとか面接なのに30分も語り合ってしまった。
いやぁ、マブダチになれるなぁ。



一応結果は来週なんだけど、受かるといいなぁ…
都の最低賃金なみに安いけど、今の暮らしに比べりゃ裕福になることは間違いないし、あの店で小学館クリエイティブと沼田元気の本が売れるようになれたら本望です。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:22 |  まんが  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
コメント
■ヴィレッジですか
 ちわーす。ヴィレッジバンガードですか。いいですねえ。期待してます。関西ではどうも根付かなくて、あちこちにできるけど、すぐなくなってしまうのですよ。

 アート本と、マイナーマンガでは結構掘り出し物があるのですきです。

 私なら何て答えるかな。
店「少年マンガはどんなの読むの」
私「んーと。西岡兄妹!」
店「しょ、少年マンガか?じゃあ少女マンガは」
私「諸星大二郎の『栞と紙魚子』」
店「(ポンポンと肩を叩いて)強く生きていくんだよ」
てんちょ |  2006.01.29(日) 20:29 |  URLコメント編集
■またどマイナーなw
そ、それは言いづらい…
少女漫画でそれをセレクトする勇気が私にはありませぬww
でも両方とも店にはしっかり平積みされてましたw




私はいま小学館クリエイティブの本を全部置いてもらえたらなぁ、と思ってるんですよ。
その店には手塚の「奇子」と「復刻版バンビ・ピノキオ」が置いてあってがっちりハートをキャッチされちゃいましたw

でも奇子のポップが少女愛ってどどーんと書いてあって、いやそれは違うだろ、と。




日本の田舎に根強く残る身内、その土地の実力者で村人も遠い親戚同士の為お互いを庇いあってなぁなぁに生きてきた汚い因習の家に生まれてしまったかわいそうな被害者、って思っているので近親相姦は成り行き上なってしまったとしか思えないのでそこの部分だけにスポットを当てて売ろうとしてるのだけはどうしても共感できなかったんですよね。あのポップで売り続けたら客になめられちゃうと思うんだけどなぁ。


私は並列して売っていたロリコン本なんかよりも柏木ハルコの「花園メリーゴーランド」を置く方がしっくりくるかとw
真琴 |  2006.01.30(月) 19:55 |  URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。