スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ホームドラマと梶芽衣子
2006.02.17 (Fri)
テレ東で「修羅雪姫」2本&「寺内貫太郎一家」BOX発売決定!というのをTVブロスで発見。

修羅雪姫はずっとレンタル屋で探していたのになかったからかなり嬉しい!


【More・・・】

寺内~は記事で初めて出演しているのを知った。私の第六感が反応したのでよく見てみたら梶芽衣子、との記述があってニヤリ。

初めての梶体験は女囚さそり。
初めて見たときは色んな意味で驚いた。うちらの世代がみたら映像表現がかなり面白い、つか斬新なので一度見てみるといいかも。
特に白い布地がドアップになってゆっくりと血の染みが広がっていく場面は「あぁ、これすげーなぁ」と素直に感心。あと梶さんカッコよすぎ。


この映画の中で、梶さんが収監されてるときの様子が「スケバン刑事」に似ていたのでどっちが元ネタなのか誰にも聞けなくて悩んでいる。
えーと、熱々の味噌汁だか何だかをぶっかけられてあつい~!と叫んでいる場面がそっくりなんだけど、私の思い過ごしだろうか??






あと寺内~といえば向田邦子。リアルタイムではさすがに見たことがなかったのでこういう風にDVDで残してくれると本当にありがたい。

そういえば大森美香という脚本家が向田邦子賞をとったのだが、それに関して今でもものすご~く納得がいかない。
代表作は「ランチの女王」「漂流教室」「カバチタレ!」「不機嫌なジーン」最近だと「里見八犬伝」かな?

ベタな展開、中身の無い内容、とりあえず惚れたはれたを盛り込むというキャラ萌えだけのBLゲーのような脚本ばかりなので個人的には相当好かんのだがなんで賞とったんかねぇ?

…なんとなくクドカンと同じニオイを感じる。
特におもしろいわけじゃないのに似たような世界観若い方々の感性をくすぐるベタなツボを押さえたぬるい展開で熱狂的なファンが大勢いるから人気があるのかな?なんて考えたり。






まぁとにかく、最近面白いホームドラマがなくて寂しいなぁ、と。

やっぱり畑嶺明さん(キッズウォーと毎度おさわがせしますの人)が大好きなので彼のドラマが見たい。
爽やかなエロ思春期の微妙な恋愛模様を描かせたら絶対彼の右に出る者はいないと断言する。

キッズウォーの第3シリーズ以降なんてどうでもいいから1と2のBOX出してくれよ!
お兄ちゃんの女装シーンかわいいんだから!!
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:54 |  ドラマの感想、考察  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。